about

Jazz Trombone Quartet VOLTZ
ジャズ・トロンボーン・カルテット・ヴォルツ

ジャズやポップスのライヴシーンで活躍する、
三塚知貴、川原聖仁、榎本裕介、朝里勝久の4人により結成。
2009年より活動をスタートする。
メロディ、ソロはもちろん、ベース・ラインからオブリガードまで、
すべてをトロンボーン4本のみで表現する、
新感覚のアカペラJazzトロンボーンアンサンブルである。
あたたかさと力強さを兼ね備えたトロンボーンという楽器の特徴を、
あますところなく活かしたそのサウンドによるレパートリーは、
ジャズ・ファンク・ボサノバ・ラテンなど幅広い。

首都圏のライヴハウスでの演奏活動を中心に、
これまで、
楽器フェア(2009年、2011年、2014年)に出演、
ゲスト演奏として、栃木県吹奏楽連盟宇河支部主催スクールバンドフェスティバル、
第20回東北学生音楽祭(山形)、第16回トロンボーンアカデミー&フェスティバル、
第49回日本吹奏楽指導者クリニック 2018 JAPAN BAND CLINICに出演、
ジャズトロンボーン四重奏イベント「Bonds of Bones」を主催、
ツアーライヴとして、
大阪・岡山・香川・京都・札幌・仙台・富山・長野・名古屋・浜松・広島などの各地で好評を得る。
Allen Hermann(tb)、Francisco Torres(tb)、Bart van Lier(tb)、
Ilja Reijngoud(tb)、Luis Bonilla(tb)、Tom Garling(tb)など海外のアーティストとも共演。

2018年5月、
待望のCDアルバム第3弾「BLUE」「GREEN」を自主制作盤として2タイトル同時リリース。

Musicstore.JPよりオリジナルアレンジ楽譜も出版。

公式Website:
https://voltz4tb.com

メンバー:
三塚知貴(Tenor Trombone)
川原聖仁(Tenor Trombone)
榎本裕介(Tenor Trombone)
朝里勝久(Bass Trombone)